トイレの水漏れはなぜ起こるのか

トイレの水漏れはなぜ起こるのか 私たちが生活をしていくのに、トイレは絶対に欠かせない場所なため、水漏れが起こるとなるとすぐに対応しないといけません。頻繁にトイレの水漏れが起こることはないものの、起こった時にそのまま放置したり、誤った対応をしてしまったりすると被害が広がる可能性もあります。
集合住宅など階層がある物件の場合には、階下へのトラブルに注意した方がよいでしょう。そして、トイレの水漏れがなぜ起こるのかということも考えないといけません。原因はひとつではないからこそ、各箇所における原因をひも解いていきましょう。

■部品の経年劣化は避けられない

トイレの水漏れの多くの場合で原因となるのは部品の経年劣化です。ほんの少しの破損であっても水が漏れてしまうため、油断できません。パイプと水道管の接続部をつなぐパッキンやナットなどの部品は経年劣化しやすい傾向があります。しかし、パッキンを交換してナットは締め直すことですぐに改善することもあります。
トイレタンクは、常に水が溜まっています。そのため、もし水が漏れてしまった時は大惨事になりがちです。同じようにパッキンの交換やナットの調整で解決できることも少なくありません。まずはトイレタンクのなかをチェックするのが肝心です。
内部の部品が劣化していたり、本来あるべき位置からずれていたりする事があります。ウォッシュレットの場合、本体に不具合がある場合や、パイプとの連結部分に異常がある場合も珍しくありません。こまめに手入れを行っていないと、トラブルはどうしても多くなってしまうものです。
便器の下から水が漏れている場合、便器が壊れてしまっていると思う方もいるものの、結露が原因の可能性もないわけではありません。まずは目に見えるヒビがあるかどうか確認してみましょう。

■トイレで水漏れを見つけた時の対処の手順
まずは止水栓を閉めましょう。水道管と関連している部品が多いため、水が流れないようにすればひとまず安心できます。止水栓が見つからない場合は水道の元栓を閉めて対応するのも効果的です。水の流れを完全にシャットアウトできてから、原因が何かを探すのが望ましいです。
特に注目すべきはパイプの接続部となります。パッキンの劣化やナットの緩みを確認した後、接続部から水が漏れている場合は自宅で修繕できるのが分かります。次にタンクと便器を確認して、部品が正常に動いているかを確認しましょう。異常を見つけられない場合、結露が原因だったという事も中にはあります。原因を見つけたものの、自分ではどうにもできない場合は専門業者に依頼すべきです。

■原因を明確にするのが先決

トイレの水漏れは通常通り使用していたとしても起こりえるものです。水が漏れている理由を見つけられれば、自分で修理するか専門業者に依頼するかの選択もできます。
まずは慌てず、原因を突き止め、解決方法を検討するのが望ましいです。
自分で簡単に修理ができるケースもありますが、専門的な知識がない場合は、専門業者に依頼するほうが確実に修理してもらえるため安心です。特に深夜の突然の故障の場合は、24時間対応している専門業者ならすぐに駆け付けてくれますのでおすすめできます。

■まとめ
トイレの水漏れは、普通に使用していたとしても起こりえるものです。大切となるのはいかに被害を拡大させないかです。原因を特定すれば、自分で修理ができるか専門業者に依頼するべきか判断できます。また、どういった対処を行うべきかには順番があります。正しい対処法を覚えておけば、いざというときに困ることは少なくなります。原因は多岐にわたっているものの、各箇所を確認すれば多くの場合で原因を特定できるものです。注意点は大掛かり工事が必要である場合は目に見えての原因が特定できないことにあります。この場合は自分で修理ができず、専門業者に依頼しないといけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース